花粉症じゃなくても

世間で花粉症が騒がれているここ最近、なんだか、ちょっと目がかゆいような・・・
でも、私も私の子供たちも花粉症ではないはず、特に一番上の子は風邪が治らずにアレルギー検査をしたときに、まったくスギにもヒノキにも反応しなかったのでまず花粉症じゃないそうです。なので何の根拠もなく私も、「気のせいだ!花粉症じゃない!!」と言い聞かせて過ごしております。
でもちょっと我慢できない時があるので、「アレルギー用かゆみ止め目薬」というものを購入しました。
使うといつのまにやらかゆみはおさまっているので、効き目はあるんだと思います!

でも、花粉症って今まで何ともなかった人が突然発症するらしく・・・
うちの母も68年間生きてきて花粉症と縁がなかったはずなのに、今年突然発症したようです・・・
最初はまさか花粉症だなんて思わずに「普通の風邪をこじらせた」と思っていたようですが、どうもおかしい・・・と思い病院に行ってみたら、見事に花粉症宣告されたとのことです。

というわけで、どこかで他人ごとだと思っていたのにちょっと怖くなった私は、できれば一生花粉症発症しないようできるだけ花粉の季節は洗濯物は部屋干しで、花粉を除去できる空気清浄機も購入しました。
そしてできるだけ外出は避け、家で過ごしています。
(太りそう・・・)

なのであまり買い物に行けないためお昼ご飯は青汁と、ご飯とレトルトカレーが多いです。
まあ、あまりお金を使わなくていいっちゃあいいのですが・・・

スギ花粉が収まったら次はヒノキ花粉の襲来とのことなので、花粉症の方々にとってはつらいシーズンが続きますね・・・
ご自愛くださいませ。

腸内環境改善

今日は一日中雨ですが冷たい雨ではなく春を感じる温かい雨ですね。
庭の梅の花も昨日よりもぷっくらしてきて、時折メジロが蜜を吸いに飛んできてリビングから見る景色がとてもきれいです。

最近はやりのダイエットで「腸内環境を整える」というのがあります。
本家本元のはかなり高価なので手が届きませんが、アマゾンで500円くらいの酵素や菌のサプリメントを複数購入して、効果を試しているところです。

これまで3つ試しましたが、正直、そのうち1つは全く改善されませんでした。
でも、今飲んでいるのは結構相性がよさそうです。
とはいえ、残念ながら体重は変化ありませんが、お通じがつるっと出るようになったという感じです。

これまでは実際、お通じが硬かったりでなかったりして、無理にいきんだり、硬いものを無理に出すともともと持っている持病のいぼ痔が切れて痛い思いをしていたのですが、使い始めたのですが、お通じはかなり順調で柔らかく、切れることもなくなりました。
本当にうれしいです☆

穀物麹のサプリメントなのですが主な材料は
「大麦・赤米・玄米・キビ・ヒエ・タカキビ・あわ・黒米・白米」
と、穀物オンパレード鳥の餌?みたいなのと、ザクロ・青パパイヤ・植物発酵エキス
です。
錠剤で一日3個飲むようになっていて、色は青汁のような色なので視覚的にも飲んでいて「これ効くかも」と思っちゃうような感じです。

お通じに困っている方、「麹アテナ」という商品です。一度試してみたらいかがですか。

青汁入り緑茶

どこに行くにも「インフルエンザの人がいるんじゃないか!?」ときょろきょろしてしまう今日この頃。
予防のための外出時のマスクは欠かせません!

ですが、大人がそういった対策をとっていても、子供、とくに幼児にそんなこと言ってもよくわかってもらえません・・・。
どこでも構わずゴロンとなってじたばたと駄々をこねてみたり、いろんなものを触った手で鼻くそをほじったり、手をなめたり・・・
自分の子じゃなくても見ている私も、「わあわああああ・・・・( ゚Д゚)!!」と心の中で思います。
もしそこに、インフルエンザウィルスやノロウイルスでも潜んでいたら一発でうつりそうです。

という自分の子供たちも小さいときはかなり落ち着きのない駄々っ子だったので所かまわずゴロンゴロンじたばたしておりました・・・
思えば子供由来のインフルエンザやノロウイルスは数回ありました・・・。

最近、子供たちには、青汁入り緑茶を飲ませています。
緑茶は、カテキンなどの成分がインフルエンザなどの予防に役立つそうです。
緑茶でうがいするのも効果があると聞きました。

でも、「免疫を上げるためには野菜だ!」なのですが、あまり野菜を食べない子供たち・・・でも、不思議と抹茶も緑茶も大好きなので緑茶に青汁を混ぜると抹茶っぽくなり、気に入って毎朝飲んでおります。

そのおかげか、クラスの子供たちがバッタバッタとインフルエンザに屈するなかでも、今のところ元気いっぱいです!

このまま乗り切れますよう・・・

やせる青汁

寒くなってきました、私は冷え性なので、この時期から指先が何をやっても冷たくて、ひび割れて・・・炊事作業など大変つらいです。
手の冷えを解消するという「グーパー運動」も全く効果が感じられませんOrz。
そして地味につらいのが太ももの冷え。椅子に座っているとじんわりと冷えてきて・・・
早く暖かくなってほしいものです。
いっそ南国に住みたい!!!

最近、新聞でショッキングな記事を見ました。
「やせる青汁 根拠なし」というタイトルで、問題の青汁の、タレントさんを起用した実際の広告チラシが記事の横に載っていました。

その会社に消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)で命じた課徴金納付額は食品に対する課徴金としては過去最高のなんと約1億円!!!
「やせるに根拠がない」というよりも、「青汁って、そんなにもうけるんだ・」・・という事に驚きでした。

商品は「野草のビタミンが燃えやすい体を作る」というふれ文句でしたが、「やせる根拠の資料を提出してください」と求めたところ提出しなかったようです。つまり「やせる青汁 根拠なし」だったわけです。

また、「毎日先着300人限定で商品をお安く定期購入提供できる」としていたのですが、実際には「300人以上が定期購入可能だった」という事で、景品表示法違反(有利誤認)にも当てはまるそうです。
でもそのふれ文句、お昼前のショッピングチャンネルの時間によく見るような・・・
「今からお電話先着100人です」みたいな。でも全国で100人って1瞬で終わるはずじゃない?

あれ?
う~ん・・・怪しいぞ!!

やっぱり青汁には牛乳だった

一気に秋が深まりました!
先週までの暑さが嘘のようで・・・
ただ、最高気温が23度くらいなので、お昼はお外が気持ちよさそうです!
ここ数年不用品はフリーマーケットに出店しているのですが、先週末のフリーマーケットはちょっと暑かったです・・・。
今週末にも出店を予定しているのですが、天気が良くて最高気温23度くらいで、お外に出かけたいくらいの気候なので、客足が多いのではないかとちょっと期待しております。

フリーマーケットは一年中ありますが寒いのは苦手なので、冬は外にずっといるのは無理です。なので、出店は来月が限界かな・・・と思います。
でも友人が企画しているフリーマーケットなので寒いからって断るのはちょっと心苦しいのですが・・・
お正月とかお客さん多いかもですがちょっと寒いのはむりぽ・・・。

今日は朝早く起きすぎて、トーストを1枚食べたのですが、もう小腹が減ってきました。
なので、「濃厚Sweets ダイエットクレンズ 満腹プロテイン 美スリムシェイク」
の抹茶味を青汁を入れてを飲みました。

いつもは牛乳を入れるのですが、今日はあいにく牛乳をきらしていて、やむなくお水を入れたのですが・・・・

やっぱり牛乳のほうがおいしかった。
水だと青汁の青汁っぽさがごまかせない。

ちょっと我慢して一気に飲みました。
おなかは膨らみました(というか、飲んだ時はまだプルプルのかさが増えていませんでしたが、おなかの中で水分を含んで膨らむはずです)が、いつものような「おいしかった~」という満足感は得られませんでした。
私の中では、「青汁には牛乳」だと実感しました・・・。

青汁ナイター

朝晩、涼しい風が吹き、秋の気配を感じさせる季節となりました。
ですが、お昼はまだまだ暑すぎて、家の外に出るのをためらうくらいです。

この夏、お盆休みに近場の駅で行われるフリーマーケットに参加したものだから、日焼け止めを塗っていたのにサンダル焼け、胸元焼け、ポッキー焼け(腕の色がお菓子のポッキーのような色合いになってしまうこと)ができてしまいました・・・

でも、夏のビーチの中継などを見るといまだに日焼けオイルを塗って焼きまくってる方々も多いので、世の中全部が「アンチ日焼け」というわけでもないんだなぁ・・・。
と思いました。

ただ、年々、日焼けが薄くなるのが遅くなっている気がします・・・
年のせいでしょうか、はい、そうでしょう(‘◇’)ゞw

しかし、この夏はとんでもなく暑かったので、「不要不急の外出は控えましょう」といった勧告まで出ました。
私の家もひたすら暑い地域にあり、高齢者が多いので自治体がそういう勧告を出していました。 

なので、家にいる時間が長くて、色々調べものしたりをしていたのですが、ふと目についた単語が・・

「青汁ナイター」

なんじゃこりゃ!?
と思って調べたら、青汁を作っているヤクルトが、青汁やスムージーの試飲や抽選会、コラボグッズ販売などを行う野球の試合なんですね。

みんな夜青汁を飲む日かと思ってしまいました。
でもみんなで青汁を飲みながら野球観戦したら、かなり健康的なまさしく青汁ナイター!だと思いませんか!?

つわりの時何食べる?

子供を妊娠中、ひどいつわりに襲われる人人がいます。
こんなに現代医学が進んだ今においても、妊娠中のつわりは、いまだに治療法がないというか「我慢するしかない」苦痛の一つです。
妊娠を心から望んでいた人ですら、そのつらさにちょっとめげちゃうときもあります。
一般的には安定期に入ると収まるとか言われていますが、出産する時まで続くというかわいそうなかたもいらっしゃいますし、それこそ、先の見えない闘いなのです。

とはいっても、最高でも出産と同時に終わるので、しかもかなりの苦痛はともないますが病気じゃあないので、本当に先の見えない闘いに挑んでおられる受験生の方や、大変なご病気をなさっている方にとっては、「ゴールがあるじゃん」と、怒られてしまいそうですが・・・でもつらいんです。

そんなつわりの最中、「赤ちゃんのために食生活をきちんとしたいのにできない」「食べなきゃなのに体が受け付けない」「必要以上に食べていないと気分が悪い」
など、食生活のトラブルが多くあるかと思います。

食べていないと気分が悪くなるいわゆる「たべづわり」の方は、ある意味幸せですが、大変なのは「食べられない気持ちが悪い」タイプのつわりです。
私の妹はつわりのときは「青汁」「乾燥大豆(節分の時の豆まきで使うあの、ぱさぱさした豆です)」「魚肉ソーセージ」「ゴマ豆腐(何もかけずに)」だけで乗り切ったそうです。
あんなに大好きだった「からあげ」は見るだけで気持ち悪いみたいでした。

皆さんはどんな食べ物で乗り切りましたか?

砂糖の代わりになる甘味料

私は、一日にコーヒーを数杯飲んでいます。
それも、砂糖とクリームを入れた甘いやつです。
でも、缶コーヒーは甘ったるくて、どれも同じ味に感じてしまい、あまり好きではありません。
セブンイレブンやローソンで1杯100円のアイスコーヒーに、クリームと砂糖を入れてもらったコーヒーが好きなんです。

飲めなくてもイライラしたりしないので、多分「カフェイン中毒」ではないと思います。

でも、カロリーは気になっちゃうので最近は砂糖は使わずに、現在、甘味料を試し中です。

これまでに使ったことがあるのは
・サラヤ  ラカント
・AJINOMOTO パルスイート
です。

あくまで私の感想なのですが、使用感
・ラカント
ムラのある甘みといいますが、飲んでる最中は甘くないけど、飲み込んだ後に刺激的な甘さが残る。

・パルスイート
言われてみたらちょっと、甘み強いかな?という感じはしますが、砂糖と言われたら気が付かずに飲んでしまいそうなほど違和感がなく飲める。

感じでした。

そういえば、一口に「砂糖」とはいえ、上白糖・グラニュー糖・氷砂糖・三温糖などの種類がありますし、三温糖はちょっと深い風味のある甘みですよね。

甘味の感じ方はそれぞれなので、一言で砂糖の代用品とはいえ、味については正直合う合わないがあるので、少量を購入してお試しになったほうがいいのかも・・・。
青汁に砂糖を入れられる方もいらっしゃると思いますので・・・

私は正直ラカントはコーヒーに入れては飲みにくいのですが、青汁なら大丈夫でした。ただ、1kgの大容量を購入してしまったので、しばらくはコーヒーにもラカントで頑張りますw
皆様はご購入される際には、味が違うということを念頭に入れておいてくださいませm(__)m

ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場 青汁工場見学レポ⑤

さて、長かったヤクルトヘルスフーズ大分真玉青汁工場見学レポですが、今回で最後です^^;

3.青汁の試飲とお土産をもらう
一通り、青汁の梱包ラインの説明を受けて、聞きたいことを聞いたりした後は、最初にお勉強をした会議室にもどってきます。

そこで、青汁の試飲がありました。
今回は、飲みやすい青汁ということで、
「葉っぱのミルク」が用意されていました。
確かに飲みやすかったです☆☆

また、お土産に
「私の青汁」「葉っぱのミルク」のサンプル(それぞれ2袋入り)
「ヤクルトスワローズのメガホンにもなるうちわ」扇形のクリアファイルにひもがついたような感じで、両側から推して中央に空間をつくる形にしたら応援メガホンに、畳んだままだとうちわにもなる、意外と機能的!
ただ私は野球ファンではないのでどうしようかなという感じですが、夏場のレジャーでは意外と使えるのかな~という感じです。
ちなみにお土産の「私の青汁」は青臭さはありますが、粉が意外となめらかなので、ストレートでも飲めましたし、牛乳に入れたらすんなり飲めました☆

帰りは、玄関の外まで見送って下さいました。工場をバックに、写真も一緒に取ってくれました(*^▽^*)

帰り際、玄関脇あったプランターにはケールが植えられてあることに気が付きました(とてもいい試みなのですが、青虫さんがかなり食べつくして虫穴だらけの無残なケールだったので逆効果かも!?きちんと手入れするか玄関の内側のスペースに置くなどしたらいいのではと思いました)

と、言うわけで、総合的には楽しい工場見学でした☆彡
皆様も機会があれば是非☆彡

ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場 青汁工場見学レポ④

事前にかなり詳しい工場の工程についても勉強してしまったのでドキドキ感は薄い私と母ですが、そんな状況で始まった待ちに待った工場見学!ちょっとテンションUPです↑

次の工程は
2.案内されて実際の工程を上から見学 です。

会議室を出て、工場ってどこかな!?と言っていたら、最初に説明を受ける部屋はすぐ隣の部屋で移動距離みぢか!!っと拍子抜けw

その、会議室を出て隣のガラス張りの部屋のから見れるのは、ケールが運ばれてきて加工される工程でした。
が、あいにく私と母が行ったときはケールが入ってこないときだったようですので、空っぽの機械を上から眺めました。そして、会議室で聞いたのと同じような説明を受けましたw青汁が高く舞い上がる(そういう工程があると説明を受けて)であろうタンクはあれかなぁ~なんて思いながら見ていました。

そして、「では、袋に詰めて製品にしていく工程を見てみましょう!」と言われて、ちょっと期待が高まったのですが。。。
歩いてわずか20歩くらい。最初に会議室に上がったときは気が付かなかったのですが、会議室の廊下の真向いのガラス張りのところがその工程の場所でした^^;
そこはまあ割と面白く、実際に青汁が小袋に封入され、出荷できる状況になるまでの過程を見学しました。

青い葉っぱの粉末みたいなのが、ビニール袋に入れられており、それが小分けになって出てきて、時々機械が(分量不足とか?)横にはじかれて。数を数えて箱に入れて・・・・

従業員は見たところ、10人もいなかったと思いますが、ここから全国にこの青汁が届くのかぁ~と、ちょっと感心しました。