夏の健康茶

日差しが痛い日が続いております。
昨日は、4地点で40度を超えを記録したようです。
特に、埼玉県熊谷市では、歴代最高気温の記憶を塗り替え、41.1度だったそうで。
わが家はエアコンを入れていても室温計は30度を下回ることはありません。

ついに、日本も気温40度超えがスタンダートになってきたの!?
という感じです・・・。
私が子供のころはこんなに暑かったかなぁ・・・
いや、こんなには暑くなかったと思います。
やっぱり地球温暖化は年々身近になってきております。

さて、そんな痛い日差しを利用して、桑の葉茶を作ってみました。

我が家にある桑の葉をちぎって、洗って、電子レンジでスチームします。
くたくたになった葉をまな板でみじん切りにして、キッチンペーパーに広げて、天日で1日干します。からっからちりちりになったら出来上がりです。
この暑い日差しだと、数時間でもうからっからに渇きます。

こんなに簡単でいいのかな!?と思うくらいなのですが、出来上がった桑の葉茶を急須でお茶を入れるように入れると、きちんときれいな緑色になります。

味は。。。若干青汁のような感じにはなりますが、冷やしてごくごく飲めないわけじゃなく、贅沢言わずに栄養たっぷりのお茶だと思って飲もう!と思えます。
青汁が苦手な子供に、麦茶と半分半分に割って(桑の葉茶が入っているとは言わず)氷を入れて差し出したら、まんまと気が付かずに飲みました!

こんな風に騙せるくらいの青味で「まずい、もう一杯」というほどまずくはないので、夏の健康茶にお勧めです☆