活性酸素

 体は、細胞の中にあるミトコンドリアという部分が酸素をもとにエネルギーを作りだすことで、活動しています。ミトコンドリアが活動の過程で作りだす廃棄物が、活性酸素です。活性酸素は大変不安定な物質で、強い活性を持つため他のものと結合しやすく、例えば鉄と結合して酸化(サビ)させたり、脂質と反応して血管中にこびりつきやすい過酸化脂質を作ったりします。ですから活性酸素は老化や疾患を引き起こす原因のひとつとされ、体力・肌の衰えや記憶力の低下、心筋梗塞や動脈硬化、更にガンの発生メカニズムで直接的な引き金になるといわれています。

 しかし、体を守る働きも持っており、体内に侵入した細菌などを取り除く働きや、白血球やマクロファージなどの免疫機能の一部として細菌などを攻撃します。また、エネルギーを作る過程で余った水素と結合し、水になって体外へ排出する働きもあります。身体に必要なものでもあるけれど、増えすぎると害になってしまうのです。

 また、活性酸素は体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で、自然に発生するものですが、他にも紫外線や排気ガス、化学物質、食品添加剤、酸化した油脂、ストレスといった要素も、体内の活性酸素が過剰に発生する原因になります。

 疲労を感じる原因は、以前は疲労物質の乳酸が溜まるためと言われていましたが、近年、活性酸素が原因という事が分かってきました。
 ちなみに乳酸は、運動後体に多く存在している方が望ましく、エネルギー源で、筋肉疲労を早く回復させる事も分かってきています。血中乳酸濃度は疲労原因を示すものではなく、高ければ高いほど、筋力運動がしっかり行われている結果を示しているのです。