腸をきれいにする食事

 医食同源・薬食同源という言葉を聞いたことがあると思います。これらは東洋医学の言葉でその字の通り、食事と健康はとても密接な関係なので切り離せないということです。
美容に関しても同じで、体全体の調子が良く代謝がいいことで、はじめてきれいな肌や髪でいることが出来るものなのです。
 体は毎日食べている食物によって作られています。目に見える皮膚や髪や爪だけでなく、骨や内臓などの見えない部分も、日々新しく生まれ変わっているのです。毎日の食べ物を選ぶ事で、若々しい体を維持し、より美しくなる事ができます。

 腸をきれいにする為の食事3原則
1.食物繊維で腸の汚れを落とす。食物繊維を含んだ食材:こんにゃく・穀類・りんご・みかん・海藻・おくら・ごぼうなど。
2.日本古来の調味料-醤油・味噌・酢・塩-で腸内環境を整える。酢・味噌・醤油などの発酵調味料は腸の中をピカピカにキレイにします。
3.よく噛んで胃腸の負担を軽くする。食べ物が液体状になるまで噛みましょう。

 きれいな肌を作るための3つの食材
1.たっぷりな旬の野菜で錆びない体をつくる。旬の野菜には、その季節に起きやすい体の不調を予防する効果があります。
2.豆類や豆腐で健康的な肌をつくる。タンパク質源は、豆類、魚、ときどき良質の肉が理想です。
3.良質な油で肌に潤いを与える。

美肌になるための朝昼晩のメニュー
朝食・・・食物繊維を含んだ果物で体の中をきれいにする。
昼食・・・カラフルな野菜をたっぷりと摂る。
夕食・・・野菜7割、その他3割でバランスよく。