ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場 青汁工場見学レポ④

事前にかなり詳しい工場の工程についても勉強してしまったのでドキドキ感は薄い私と母ですが、そんな状況で始まった待ちに待った工場見学!ちょっとテンションUPです↑

次の工程は
2.案内されて実際の工程を上から見学 です。

会議室を出て、工場ってどこかな!?と言っていたら、最初に説明を受ける部屋はすぐ隣の部屋で移動距離みぢか!!っと拍子抜けw

その、会議室を出て隣のガラス張りの部屋のから見れるのは、ケールが運ばれてきて加工される工程でした。
が、あいにく私と母が行ったときはケールが入ってこないときだったようですので、空っぽの機械を上から眺めました。そして、会議室で聞いたのと同じような説明を受けましたw青汁が高く舞い上がる(そういう工程があると説明を受けて)であろうタンクはあれかなぁ~なんて思いながら見ていました。

そして、「では、袋に詰めて製品にしていく工程を見てみましょう!」と言われて、ちょっと期待が高まったのですが。。。
歩いてわずか20歩くらい。最初に会議室に上がったときは気が付かなかったのですが、会議室の廊下の真向いのガラス張りのところがその工程の場所でした^^;
そこはまあ割と面白く、実際に青汁が小袋に封入され、出荷できる状況になるまでの過程を見学しました。

青い葉っぱの粉末みたいなのが、ビニール袋に入れられており、それが小分けになって出てきて、時々機械が(分量不足とか?)横にはじかれて。数を数えて箱に入れて・・・・

従業員は見たところ、10人もいなかったと思いますが、ここから全国にこの青汁が届くのかぁ~と、ちょっと感心しました。