ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場 青汁工場見学レポ③

さて、「ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場」へ、山道を通ってたどりつき、きれいな広い会議室の中央付近にポツンと私と母が中央に、前に研修、見習い、新人っぽい女性社員一人、サイドに上司っぽい女性社員一人で始まった工場見学、そのプログラムの全容を徐々に解明!?です(まだまだ続くんかい!w)。

<プログラム>
1.会議室においてビデオでの青汁紹介と一通りの工程を勉強
2.案内されて実際の工程を上から見学
3.青汁の試飲とお土産をもらう
以上。

というとてもシンプルな内容で、大体1時間くらいでした。

全体的な決まりは
・写真撮影NG
・飲食持ち込み禁止
・ペットNGだけど盲導犬、聴導犬、介助犬OK
・病気っぽい人はご遠慮ください

で、まあ大体どこの工場見学でも一緒ですけどね^^;

読んでいる人に伝わるように、どういったものかをかんたんに表現するならば、大分県日田市にある、「サッポロビール九州日田工場」でのビール工場見学のスケールを5分の1くらいにしたような感じでした。

まず、プログラム1では
「1.会議室においてビデオでの青汁紹介と一通りの工程を勉強」です。

新人っぽい女性社員が、たどたどしく、初々しく説明してくれました。時々、上司っぽい女性社員が横から追加説明をしていました。
ビデオの内容は
青汁のもととなるケールの産地や、加工方法(今から工場で見る工程を予習って感じ)、ヤクルトの青汁商品の種類や販売状況など でした。

でも、なんか、最初に今から見る工場見学の工程や内容などを全部知ってしまうので、正直ドキドキ感は減ってしまいました^^;
個人的には、ケースの産地や青汁商品の種類や販売状況の説明とかだけにとどまっていたほうがよかったような・・・・。