青汁の父

ファッションにブームがあるように、数年前の青汁ブームが今は下火になったと感じるのは私だけでしょうか?
もちろん、青汁は根強い人気で、いまだにどこのお店に行ってもあるのはあるのですが、一時期のようにはCMで見かけることも少なくなりました。
笑っていいとも!の罰ゲームで青汁を飲むんでた時はすごかった気がします。
「まずい!もう一杯」も遠い昔のように感じます。

健康食品にもある程度のブームはありますが、青汁はブームに乗っただけの商品ではなく実は歴史深い飲み物だったのです。

青汁の始まりは、およそ千年前、日本が平安時代だったころまでさかのぼるとされます。
当時の医師の丹波康頼という人が書いた医学書の一種の「医心方」という本に当時でいる漢方のような民間療法のような扱いで載っているそうです。

そんな昔からある青汁ですが、世の中に広まったきっかけは遠藤二郎博士が提唱した「緑葉食青汁運動」という働きかけからだそうです。
遠藤博士は1961年に「青汁の効用」という本を刊行して全国に青汁ブームを巻き起こしました。青汁をインターネットで検索していると「遠藤青汁」という青汁があるのはその遠藤博士のお名前からだったんですね。

そんな青汁の父、遠藤博士ですが、出身地の岡山県に、ブロンズ像まで建っているそうです。
青汁ファンであれば一度はまわってみたい聖地ですね。
ちなみに、「青汁」という名前は、妻のヒナ子さんが命名されたとのことですよ。

夏バテ度チェック

 夏バテは夏が終わり、少し涼しくなったころに症状が出て体調が崩れがちです。  3つの視点から夏バテ度をチェックして、対策を考えましょう。

□ボンヤリ症状
1:目覚めが悪く、朝の支度に時間がかかる
2:ボーっとすることが多くなり仕事の能率が落ちた
3:寝つきが悪かったり夜中に目覚めたりする
4:手足がむくみやすい
5:やる気が起きず休日は家でダラダラと過ごす

□夏バテ環境
1:冷房の効いた場所にいることが多い
2:入浴はシャワーで簡単にすませる
3:クーラーをかけて寝ている
4:夜遅くまで起きている
5:運動はほとんどしない

□食生活
1:火を使わない料理が多い
2:食欲がなく、食事は麺類やアイス、果物など簡単に済ませがち
3:野菜はあまり食べない
4:冷たいジュースや炭酸飲料、ビールをたくさん飲む
5:水分を控えて汗をかかないようにしている
夏バテ度チェック診断結果
■0~2個・・・元気一杯です。 油断せず、この調子で残暑を乗り切りましょう。
■3~5個・・・軽い夏バテです。この段階から対策をして夏を乗り切りましょう。
■6~8個・・・中等度の夏バテです。これ以上にならないように夏バテ環境と食生活でチェックが付いているところを改善して疲れを取りましょう。
■9~11個・・・重度の夏バテです。疲労感でグッタリでしょう。今すぐ環境や食生活などの生活習慣を改め、心身をケアしましょう。しっかり栄養補給して休息をとることです。
■12個以上・・・かなり重度です。至急、環境面、食事面で生活習慣の見直しをするのはもちろん、病院で相談することも必要かもしません。

住宅ローンは自由に選べるのか?

青汁の話題からちょっと離れてしまういますが、今回はちょっと小難しいですが為になる話を・・・

 新築にせよ中古物件にせよ基本的には、どこの金融機関へ申し込もうと自由です。またそれを制約する規定もありません。ただし、まずご自分の諸条件を冷静にそして客観的に考えてみることが必要です。
 現在は、ほとんどの民間の金融機関は住宅ローンの貸し出しに積極的であり、低金利の住宅ローン商品も豊富に取り揃えています。またその一方で、よく貸出競争といわれる場合もありますが、その実態は優良顧客の取り込みなのです。
 たとえば、借入する方が、東証一部上場の業績も良い大企業に勤めているか、あるいは公務員で勤続年数も長く収入も安定しており、これから借りる住宅ローン以外に一切の借り入れがなく、クレジットカードも1~2種類しか持っておらず、そして年収に対する住宅ローンの借入額の倍率が低い(購入価格が安いあるいは自己資金の割合が高い)のであれば、どこの民間の金融機関に借入を申し入れても貸してくれます。
 しかし、必ずしも正比例するわけではないのですが、一般的に条件の良い住宅ローン(金融機関にとっては利幅が少ない)ほど審査内容は厳しく、金利が高いなど条件が悪くなるほど審査が甘くなります。
 金融機関にとって利幅が少ない商品であればあるほど、貸し倒れのリスクを低く抑えなくてはならないのです。
 民間金融機関の住宅ローン審査にあたり、年収や勤務先、勤続年数、返済比率、年齢などが考慮されるのはもちろんですが、詳細な審査基準や内容などは各金融機関内部の秘密事項であり、それらが明らかにされることはありませんので、さまざまな事例を積み重ねたり、話しを聞き出したりして推測するしかない部分も多いのも現状です。
 たとえば、変動金利ローンの返済比率をみる際に、外部に対しては年収の20%あるいは25%といった基準を示していても、現時点での金利ではなく、将来的に上昇した金利を想定し、その金利に置き換えた返済額を基に判断するのが通常なのです。

健康とトイレの便器や照明

トイレというのは、「用をたす」という機能を持った特別のスペースです。トイレで用をたし、それをすぐ流して、清潔に保つということは大切なことですが、排泄物というのは、単に汚物というだけではありません。小便の色や大便の色や状態を観察することで、体内の健康状態を把握することができます。
青汁を飲んだら緑っぽい便や黒っぽい便になったりしますよね。例えば、小便や大便の色によって、泌尿器管や消化器官からの出血が分かる場合があります。
健康のバロメーターになります。
 私の友人が住まいを新築した時、トイレは少しおしゃれな雰囲気にしたいと思ったそうです。最近は、トイレの便器にしても、いろいろな色が揃っています。そこで、優しく、華やかなパステルピンク色を選び、照明もステンドガラス製のペンダントライトを選びました。壁紙も薄いピンク地に白いバラの柄のものを選びましたので、
彼女好みの素敵なトイレになりました。しかし、実際に生活し始めた時、同居する母親が健康診断を受け、尿に潜血が出ていることが分かりました。外でトイレをした時、尿の色が少し濃い気がしていましたが、自宅のトイレでは便器の色や照明の色でわかりませんでした。もう少し早く気がつけばよかったと言われました時、ショックを受けました。大小便は単に排泄物ということではなく、健康のバロメーターになります。トイレの便器もオフホワイト、アイボリーベージュにして、照明の光の色にも気を配らなくてはいけなかったと反省したそうです。そこで、取りあえず、すりガラスにエッチングをしたペンダントガラスに交換しました。同じガラス製で、オシャレなものですが、明かりの色がより自然近いものになり、観察するのにも支障がなくなりました。これで、毎日観察して、自分たちの健康に関心を持たなくてはいけないと思いました。トイレは家族の健康を守るきっかけになります。

青汁のメリット、デメリット

健康に良いとされる青汁ですが、最近は健康志向の人も増加しているせいか、沢山の種類の青汁を目にします。確かに、健康に良さそう…とは思うのですが、どのようなメリットがあるのか?またデメリットなんかもあるのか?気になったので調べてみる事にしました。

まず、青汁のメリットですが、野菜が持つ栄養素を丸ごと体内に取り込む事が出来る事です。普通に野菜を買ってきて調理して食べる方法では、その調理段階で幾らかの栄養素は逃げ出してしまいます。しかも、日々食べられる野菜の量も決まっていますよね。そんなに大量に食べられる、という訳ではないですから。青汁であればそれらの栄養素が全て凝縮されている状態なので、それを食べるのではなく飲めば良いのだからとても簡単です。何と言っても青汁の吸収力の高さがメリットだと言えそうです。その上、青汁はほとんどの商品が国内産の有機野菜を使用しています。買ってくると高価な有機野菜を青汁で簡単に摂取できるというのも大きなメリットだと言えます。

そんな優れた青汁ですが、飲み過ぎると良くない効果をもたらす事もあるので要注意です!青汁にはビタミンやカリウム、りんなどの栄養素が豊富に含まれています。これは、普通の人にとっては何の問題もないのですが、腎臓に欠陥があるという人には悪い影響を与えてしまう恐れがあるようです。また、飲み過ぎてしまうと嘔吐・下痢・発疹やアレルギー・便秘を引き起こしてしまうケースもあるので、自分に合った適量を飲むように心がけたいですね!

☆青汁のむのむ くまモンパッケージはコチラ!!☆

【送料無料】リフレ くまモンパッケージ 乳酸菌入青汁のむのむ(31包入) しょうが味 【タイプ選択あり】(キャンセル・返品・交換不可品)★全品ポイント10倍 ~最大30倍★★税抜5000円以上で送料無料★【10P19Jul15】激安祭【smtb-s】

青汁の効果とは?

青汁が体に良いという事はご存知だと思います。そうはいっても、青汁の色…見た目はとてもまずそうで、あまり積極的に飲みたい!と感じる飲み物ではない気がします。ですが、これがとっても体に良いので本当におススメです。

一言で青汁と言っても沢山の種類があるので、栄養成分も様々なのですが、一般的に評価されているものの中に、やはり繊維の豊富さがあると思います。その豊富な繊維を、とても手軽に簡単に摂取できるので、便秘気味の方には特におススメだと思います。更にはビタミンも豊富なので体力が落ちて風邪気味…と感じる時や二日酔いの時にも効果的です。沢山のサプリメントを摂取するよりは、青汁一杯で充分効果が期待できそうな気がします。

そんな青汁には、まだまだ他にも効果があるので紹介しようと思います。ビタミンを豊富に含んだ青汁にはもちろん美容効果もあります。新陳代謝も高めてくれますし、アンチエイジング効果も期待できます。これは女性にとっては嬉しい話です!その他にも、血液をサラサラにしてくれる効果、コレステロールの値を下げてくれる効果も期待できるので、メタボが気になるお父さんにもおススメですね!

忙しい現代人は、食生活も乱れがちです。また、きちんとした食事を摂っているつもりでも、なかなか毎食時に野菜を取り入れるのは難しかったりもします。そういう方に青汁はぴったりの飲み物だと感じます。栄養バランスに優れた青汁を飲んで、ますます健康的で生き生きとした生活を送って欲しいと思います。

☆超人気青汁製品!ふるさと青汁!☆


青汁の様々な形状

青汁…と聞くと緑色の液体を想像しますが、市販されているものが全てこのような液体の状態ではありません。青汁の形状には色々とあるので、自分にとって摂取しやすいものを選ぶと良いと思います。

青汁には液体タイプ、粉末タイプ、フリーズドライタイプ、粒タイプ、錠剤タイプがあります。それらは製法によって形状が異なっているのですが、青汁の効果としての差はありません。どのタイプを飲んでも、しっかりとビタミンやミネラルを摂取することができるので心配はありません。

液体タイプの青汁は一般的な製法で作られた青汁を急速冷凍したものなので、とても新鮮です。普段は冷凍庫で保存し、飲む時に解凍して飲むタイプになりますが、少々飲みにくさを感じるかもしれません。

粉末タイプやフリーズドライタイプは液体タイプに比べるととてもお手軽に青汁を飲むことができます。どちらも保存期間が長く、保管が簡単なので良く選ばれているようです。粉末タイプは青汁を乾燥させたもので、どこでも手軽に飲む事ができます。フリーズドライタイプは青汁を急速凍結されたものを乾燥させたもので、お湯や水で戻して飲むタイプになります。

その他にも粒タイプや錠剤タイプがありますが、これらは青汁の苦さや味を感じる事なく飲む事ができるので、青汁が苦手…という人には飲みやすいと思います。しかし、粒や錠剤は一度に飲む量が多くなってしまうのが難点かな、と感じます。青汁コップ一杯が粒や錠剤にすると20~30粒にもなってしまいますので…。

それぞれに良さがあると思いますので、自分が飲みやすい形状を選ぶと良いでしょう。

☆酵素の青汁!新アサヒ菜善青汁☆


大麦若葉・ケール・緑茶などの青汁

一言で青汁!といっても原材料によって栄養素や飲みやすさも変わってきます。沢山ある青汁の種類から自分に適したものを選んで飲む事が一番良いと思います。それぞれにどのような栄養素が含まれているのかを知っておくと青汁選びの際に役立つと思います。

まず、大麦若葉の青汁ですが、イネ科の植物である大麦の若葉を原材料としています。あまりアクがないので、ケールなどに比べると飲みやすいのが特徴です。大麦若葉には豊富なビタミン・ミネラル・沢山の酵素がとてもバランス良く含まれています。日々の食生活が不規則な方、偏った食事ばかりを摂っている方、便秘気味の方にはとても最適です!

次に、ケールの青汁ですが、ケールとはもともとキャベツの原種と言われているもので、食物繊維・ビタミンA,C・ミネラルを豊富に含んでいます。多くの青汁が原料としているケールは色々な種類があり、産地によって味に個性があるようです。ケールはごく普通のお野菜ですが、普通に調理して食べられる…というものではなく、青汁専用に栽培されているお野菜です。ビタミンを多く含んでいるので、体の免疫力も高めてくれる効果があります。

最後に緑茶の青汁ですが、これは本当に飲みやすくて抹茶のような味です。青汁と感じさせない飲みやすさです!緑茶の青汁とは、ケールと緑茶や、大麦若葉と緑茶など、緑茶と他の緑黄色野菜を混ぜたものです。飲みやすいからとって、成分は変わらずビタミン・ミネラル・食物繊維やカルシウムが豊富に含まれているのでとても嬉しいですよね!他の青汁同様に健康維持の為にとても効果的です。

これ以外にもまだまだ沢山の種類の青汁がありますので、自分に合った栄養素を含んだ青汁を選んで試してみて下さい。

青汁とは、どういうもの?

青汁が体に良いのは知っていますが、青汁っていったいどういう成分でどういう効果があるのか、自分ではなかなか説明できませんよね…。体に良いから何となく続けている…という人もいるようです。

その青汁ですが、一般的には緑黄色野菜すり潰したものをそう呼びます。青汁には沢山の種類がありますが、どれも食物繊維が豊富で普段の生活で不足している栄養素を簡単に補う事ができます。青汁の栄養素としては、入っている野菜によって多少違ってきますが、一般的にはビタミンA,C,ベータカロチン、カルシウム、食物繊維…なのが多く含まれていて、栄養食品としてはとても優れています。あの緑色の液体の中にこのような様々な栄養素が含まれているとは驚きですよね!

青汁の効果としては、もちろん優れた栄養素を含んでいるので、健康になることはもちろん病気や体調不良、体質の改善も期待されます。しかし、それぞれの青汁で栄養素が異なるので、自分に合ったものを選んで適量を定期的に摂取する事が大事になってきます。

そんな青汁…見た目にも美味しそう!!とは感じませんし、以前までのものはとても飲みにくく、一度飲んでみたけどとても無理!!と諦めた人も多かったようです。しかし、最近の青汁は、栄養素はそのままでとても飲みやすくなっているものも多く、青汁へのイメージも変わってくるのではないかと思います。一度諦めてしまった人も、もう一度色々な青汁を試してみると良いと思います。自分に合った青汁を見つけて、健康の為に飲み続けていきたいですね!

【送料無料】リフレ くまモンパッケージ 乳酸菌入青汁のむのむ(31包入) しょうが味 【タイプ選択あり】(キャンセル・返品・交換不可品)★全品ポイント10倍 ~最大30倍★★税抜5000円以上で送料無料★【10P19Jul15】激安祭【smtb-s】

価格:3,240円
(2015/7/23 21:43時点)