ストレスとビタミンC・マグネシウム

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激のことで、物理的なストレス(暑さ、寒さ、騒音)、生理的なストレス(過労、感染、アレルギー)社会的・心理的ストレス(人間関係、職場での不満、挫折、不安、大きな悲しみ)の3種類があります。

 ストレスと疾病は密接に関係しており、小児喘息や小児白血病の発生とストレスの関係、成人の関節リュウマチや癌の発生とストレスの関係性が良く知られています。強いストレスを感じると、免疫力が低下し、様々な疾病の引き金になり、不快なばかりではなく、重大な病気を招く危険な状態になります。

 ストレスに対抗するには、どんな栄養素を摂れば良いのでしょう。ストレスを感じると、食べ物から摂ったビタミンCがあっという間に消されてしまい、さらに体内から排出されるマグネシウムの量も増えてしまうのです。

 ビタミンCが消えると活性酸素が大量に増え、頭痛や胃の痛みが起こります。ビタミンCは体の中で作られず、体内に貯蔵する事もできないので、毎日こまめに摂取しなければなりません。お茶をローズヒップティーなどに変えると効率よく摂取できますし、サプリメントなら、持続性が強いアスタキサンチン、フラバンジェノールなどが良いでしょう。

 マグネシウムが不足すると、陶酔感や満足感を伝達する脳内物質のドーパミンが減り、更に不安感を無くし喜びに関連するセロトニンの分泌も少なくなり、不安感や不満感でイライラし、余計マグネシウムが減ってしまいます。マグネシウムは緑黄色野菜に多く含まれています。以外にもチョコレートにもマグネシウムが含まれているので、カカオ含有量の多いチョコレートもおすすめです。

抗酸化物質

★抗酸化作用のある体内酵素
 体は活性酸素に対して、無防備ではありません。増えすぎた活性酸素を消去するために、抗酸化作用のある酵素を出す力をそなえているのです。
 活性酸素は、SODによって過酸化水素に変換され、更にカタラーゼやグルタチオン・ペルオキシダーゼによって水と酸素に変わります。SOD(Super Oxide Dismutase)は活性酸素を除去する力を持つ酵素で、細胞のミトコンドリア内に存在し、活性酸素による酸化ストレスから体を守り、活性酸素を多く生むがん細胞を抑制するための抗がん剤として使われています。カタラーゼは、肝臓に多く存在し、過酸化水素を分解して酸素と水に変える酵素です。グルタチオン・ペルオキシダーゼも過酸化水素を分解しますが、その際セレンを必要とするため、セレンを補充することは、体の抗酸化力を高め、老化やがん予防に効果があると言えます。

★代表的な抗酸化ビタミン
 ビタミンAは緑黄色野菜や卵・赤身魚等に多く含まれ、脂溶性で肝臓に蓄積されます。ビタミンCは果物類、ビタミンEはナッツ類に多く、ビタミンACEは互いの力を補い合って作用するので、同時に摂ればより抗酸化作用が高まります。

★代表的な抗酸化物質
カロテノイド
カロテン類:βーカロテン、リコピン
キサントフィル類 :ルテイン、アスタキサンチンポリフェノール
フラボノイド類:タンニン、カテキン、ルチン、アントシアニンイソプラボン、
その他:クルクミン、セサミン  

腸をきれいにする食事

 医食同源・薬食同源という言葉を聞いたことがあると思います。これらは東洋医学の言葉でその字の通り、食事と健康はとても密接な関係なので切り離せないということです。
美容に関しても同じで、体全体の調子が良く代謝がいいことで、はじめてきれいな肌や髪でいることが出来るものなのです。
 体は毎日食べている食物によって作られています。目に見える皮膚や髪や爪だけでなく、骨や内臓などの見えない部分も、日々新しく生まれ変わっているのです。毎日の食べ物を選ぶ事で、若々しい体を維持し、より美しくなる事ができます。

 腸をきれいにする為の食事3原則
1.食物繊維で腸の汚れを落とす。食物繊維を含んだ食材:こんにゃく・穀類・りんご・みかん・海藻・おくら・ごぼうなど。
2.日本古来の調味料-醤油・味噌・酢・塩-で腸内環境を整える。酢・味噌・醤油などの発酵調味料は腸の中をピカピカにキレイにします。
3.よく噛んで胃腸の負担を軽くする。食べ物が液体状になるまで噛みましょう。

 きれいな肌を作るための3つの食材
1.たっぷりな旬の野菜で錆びない体をつくる。旬の野菜には、その季節に起きやすい体の不調を予防する効果があります。
2.豆類や豆腐で健康的な肌をつくる。タンパク質源は、豆類、魚、ときどき良質の肉が理想です。
3.良質な油で肌に潤いを与える。

美肌になるための朝昼晩のメニュー
朝食・・・食物繊維を含んだ果物で体の中をきれいにする。
昼食・・・カラフルな野菜をたっぷりと摂る。
夕食・・・野菜7割、その他3割でバランスよく。

活性酸素

 体は、細胞の中にあるミトコンドリアという部分が酸素をもとにエネルギーを作りだすことで、活動しています。ミトコンドリアが活動の過程で作りだす廃棄物が、活性酸素です。活性酸素は大変不安定な物質で、強い活性を持つため他のものと結合しやすく、例えば鉄と結合して酸化(サビ)させたり、脂質と反応して血管中にこびりつきやすい過酸化脂質を作ったりします。ですから活性酸素は老化や疾患を引き起こす原因のひとつとされ、体力・肌の衰えや記憶力の低下、心筋梗塞や動脈硬化、更にガンの発生メカニズムで直接的な引き金になるといわれています。

 しかし、体を守る働きも持っており、体内に侵入した細菌などを取り除く働きや、白血球やマクロファージなどの免疫機能の一部として細菌などを攻撃します。また、エネルギーを作る過程で余った水素と結合し、水になって体外へ排出する働きもあります。身体に必要なものでもあるけれど、増えすぎると害になってしまうのです。

 また、活性酸素は体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で、自然に発生するものですが、他にも紫外線や排気ガス、化学物質、食品添加剤、酸化した油脂、ストレスといった要素も、体内の活性酸素が過剰に発生する原因になります。

 疲労を感じる原因は、以前は疲労物質の乳酸が溜まるためと言われていましたが、近年、活性酸素が原因という事が分かってきました。
 ちなみに乳酸は、運動後体に多く存在している方が望ましく、エネルギー源で、筋肉疲労を早く回復させる事も分かってきています。血中乳酸濃度は疲労原因を示すものではなく、高ければ高いほど、筋力運動がしっかり行われている結果を示しているのです。

美しくなるための栄養

★炭水化物
 エネルギー源で、熱を生み体温を上げ、免疫力、代謝能力もあがり、肌や髪の再生、脂質の代謝などにも関わり、毎日適度に摂取する事が大切で、米、麦、芋類、果物などに含まれます。

★脂質
 ホルモンバランスを整え、細胞の膜を作り、ハリのある肌を作ります。体の中で作られないため、食物から摂る必要がある必須脂肪酸には、リノール酸(アボガド油、胡麻油)、リノレン酸(亜麻仁油)、アラキドン酸(ウニ、卵黄、鯖、牛レバー、豚レバー)などがあります。

★タンパク質
 有名な栄養素です。魚、肉、大豆製品、乳製品に多く含まれます。体を構成する必要不可欠な成分で、髪や肌を作りかえる力がありますので、美肌や美容に欠かせません。また、筋肉のもととなるので、低脂肪で良質のたんぱく質を多く摂ると代謝がよい体になります。

★ビタミン
 体内成分の代謝、免疫を助けます。Aは免疫力強化し、粘膜や皮膚を健康に保ち、目の健康にも役立ち、緑黄色野菜、鶏卵・魚卵、レバーに含まれます。B群は代謝のビタミンでタンパク質を含む食品に含まれ、B1は糖質、B2は脂質、B6・B12はたんぱく質の代謝を助けます。Cは野菜や果物に含まれ、コラーゲンを作り、肌の老化予防、殺菌、免疫力向上に役立ちます。Eは血行促進、ホルモンの分泌に関わり、活性酸素を除去します。

★無機質
 カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛などのミネラルで、藻類や貝類に多く含まれ、細胞の再生を促し、骨や皮膚を丈夫にし、甲状腺機能の亢進を促して、きめ細かな肌を作ります。

★食物繊維
 便秘を解消し、食物中の余分な糖質や脂質を吸着して排出します。葉物の野菜や果物に含まれる水溶性と、豆類や穀類に含まれる不溶性があります。ご存知青汁にも多く含まれます。

冷えを防ぐ薬膳

 四川料理は痺れるような辛さで有名ですが、四川省の高温多湿の気候を活かし、辛いものを食べて汗をかき、暑さを吹き飛ばすといった食の工夫からきており、日本の冷房対策にも応用できます。四川料理の代表、麻婆豆腐の味の決め手となる花椒(ホワジャオ)は、湿気を取り除き、だるさや食欲不振にも良く、豆腐はカラダの中にたまった熱を取り、のどの渇きを潤し、体液を補充します。

★トマト麻婆豆腐
 旬の野菜トマトの赤い色は、薬膳では夏の色で、心(血液の循環機能や精神活動をコントロールする場所)の機能を高め、トマトは赤いほど抗酸化作用が高く、血液をキレイにする働きがあります。
 材料(4人分)

 木綿豆腐:1丁(1.5cmの角切り) 合いびき肉:200g トマト:大2個(くし型に切る) 長ネギ:大さじ2(みじん切り) ニンニク:2片(みじん切り) ショウガ:1片(みじん切り) 豆鼓:小さじ2(みじん切り) 粉唐辛子:小さじ1 豆板醤:大さじ1
甜麺醤:大さじ1 チキンスープ:180cc(鶏がらスープの素小さじ2+水でも可)
サラダ油:大さじ1 水溶き片栗粉:適宜 花椒:適宜

作りかた
1.中華鍋をうっすら煙が出るまで熱し、サラダ油を入れる。ニンニク、生姜、長ネギ、唐辛子、豆板醤、甜麺醤を加え、香りを出すように、そして焦がさないように炒める。
2.ひき肉を加え、パラパラになったら醤油を足し、チキンスープを加えて、煮立ってきたら豆腐を入れて3分ほど煮込む。
3.くし切りのトマトを加え、1分ほど煮て水溶き片栗粉を加える。
強火にして豆腐の水分を飛ばすように焼き、器に盛って挽きたての花椒をかける。好みで葉ネギを散らしても良いです。

寒がりさんの薬膳

寒がりである、手足がいつも冷たい、クーラーが苦手、顔色が白っぽい、トイレが近い、尿色が薄く量が多い、下痢気味、などの症状のうち、3つ以上当てはまる場合は、カラダを温めるエネルギーが弱い陽虚(ようきょ)タイプといえます。
 なお、寒気のするカゼや、冷たいものの食べ過ぎなど、外からの邪気や影響で起こるものは実寒証(じっかんしょう)と呼び、臨床では陽虚と分けて考えます。
 陽を補う食材は、しょうが、ねぎ、にんにく、唐辛子、こしょう、山椒、羊肉、鶏肉、海老、まぐろ、さけ、ニラ、かぼちゃなどです。

★まぐろのスタミナステーキ
 カラダを温めるまぐろに、調味料として、しょうが・にんにく・ねぎ・こしょうを使ったステーキです。まぐろ以外にも、いわし、さんま、あじ、さばなどの青背の魚は、カラダを温め、元気をつけ、胃の機能を補います。
 材料(2人分)
   まぐろの刺身:150g 塩、黒こしょう、万能ネギ:少々 オリーブオイル:適宜
   A・・・しょうがのすりおろし:1片 にんにくのすりおろし:1/2片 
      酒、みりん、しょうゆ、水:各大さじ1
 作りかた
1.まぐろはキッチンペーパーなどで水気をふき、表面に塩、黒こしょうをまぶす。
2.フライパンにオリーブオイルをいれて熱し、まぐろの表面を焼き、スライスして器に移す。
3.2のフライパンにAを入れ、火にかけてソースをつくり、2にかけ小口切りの万能ねぎをのせる。
 まぐろは刺身ばかりでなく、このように加熱したり、ねぎま鍋などにしたりすると胃腸にも優しく、消化が良くなります。また、同じ温性の鶏肉でつくってもおいしいです。

視力の衰えにサプリメント

最近ショックだった出来事、「自分にはまだまだ先さ~」
と、なんとなく変な自信があった目に異変がありました。
友人とドライブ中、道路標識を頼りに目的地に行ったのですが
「次どっちに曲がればいいかな~?」と聞かれ、ふと遠くの看板を見た時に、
「私は2.0あるから(測ったのは高校生の時なのでかな~り昔なのに)見えるのさ~」と信じていたのに、なぜかよく見えない!!
また別の日、甥っ子が目の前に部品の取れたおもちゃをもってきて
「これ、外れたからつけて~」と言われ
「はいはい~」
っと、、、、あれ??ピントが合わない・・・
そうなんです。知らず知らずの間に老眼?が進んでいたのです。
「若い時目がよかった人は、老眼になるのが早いよ~」
という話は聞いたことがありましたが、これがそうなのか?
いやはや、かなりかなりショックですOrz

そんなこんなで、わらにもすがる思いで、いや、悪あがきで、目にいいというビルベリーのサプリメントを購入してみました。
「大容量約6か月分 北欧産100倍濃縮ビルベリーコンプレックス (モンテラボ)」
お値段は、ちょっぷるというお試しサイトで1680円(送料込み)

でした。
成分は
・北欧産100倍濃縮ビルベリー・ビタミンA・アントシアニン・ルテイン・アイブライト・メグスリノキ・サケ(コンドロイチン)・黒大豆・ヤツメウナギなど

です。
魅力はそのお値段でした!
1680円で半年間お試しできるので、かなりお得じゃないでしょうか?
口コミでは効果があった・なかった 賛否ありましたが、
まあ。なんでも賛否両論ありますね。

信じる者は救われる!

ということで、視力が改善することはないと思いますが、これ以上進行しないよう(信仰が緩やかになるよう)、信じて飲み続けてみようと思います^^;

砂糖の代わりになる甘味料

私は、一日にコーヒーを数杯飲んでいます。
それも、砂糖とクリームを入れた甘いやつです。
でも、缶コーヒーは甘ったるくて、どれも同じ味に感じてしまい、あまり好きではありません。
セブンイレブンやローソンで1杯100円のアイスコーヒーに、クリームと砂糖を入れてもらったコーヒーが好きなんです。

飲めなくてもイライラしたりしないので、多分「カフェイン中毒」ではないと思います。

でも、カロリーは気になっちゃうので最近は砂糖は使わずに、現在、甘味料を試し中です。

これまでに使ったことがあるのは
・サラヤ  ラカント
・AJINOMOTO パルスイート
です。

あくまで私の感想なのですが、使用感
・ラカント
ムラのある甘みといいますが、飲んでる最中は甘くないけど、飲み込んだ後に刺激的な甘さが残る。

・パルスイート
言われてみたらちょっと、甘み強いかな?という感じはしますが、砂糖と言われたら気が付かずに飲んでしまいそうなほど違和感がなく飲める。

感じでした。

そういえば、一口に「砂糖」とはいえ、上白糖・グラニュー糖・氷砂糖・三温糖などの種類がありますし、三温糖はちょっと深い風味のある甘みですよね。

甘味の感じ方はそれぞれなので、一言で砂糖の代用品とはいえ、味については正直合う合わないがあるので、少量を購入してお試しになったほうがいいのかも・・・。
青汁に砂糖を入れられる方もいらっしゃると思いますので・・・

私は正直ラカントはコーヒーに入れては飲みにくいのですが、青汁なら大丈夫でした。ただ、1kgの大容量を購入してしまったので、しばらくはコーヒーにもラカントで頑張りますw
皆様はご購入される際には、味が違うということを念頭に入れておいてくださいませm(__)m

ヤクルトヘルスフーズ大分真玉工場 青汁工場見学レポ⑤

さて、長かったヤクルトヘルスフーズ大分真玉青汁工場見学レポですが、今回で最後です^^;

3.青汁の試飲とお土産をもらう
一通り、青汁の梱包ラインの説明を受けて、聞きたいことを聞いたりした後は、最初にお勉強をした会議室にもどってきます。

そこで、青汁の試飲がありました。
今回は、飲みやすい青汁ということで、
「葉っぱのミルク」が用意されていました。
確かに飲みやすかったです☆☆

また、お土産に
「私の青汁」「葉っぱのミルク」のサンプル(それぞれ2袋入り)
「ヤクルトスワローズのメガホンにもなるうちわ」扇形のクリアファイルにひもがついたような感じで、両側から推して中央に空間をつくる形にしたら応援メガホンに、畳んだままだとうちわにもなる、意外と機能的!
ただ私は野球ファンではないのでどうしようかなという感じですが、夏場のレジャーでは意外と使えるのかな~という感じです。
ちなみにお土産の「私の青汁」は青臭さはありますが、粉が意外となめらかなので、ストレートでも飲めましたし、牛乳に入れたらすんなり飲めました☆

帰りは、玄関の外まで見送って下さいました。工場をバックに、写真も一緒に取ってくれました(*^▽^*)

帰り際、玄関脇あったプランターにはケールが植えられてあることに気が付きました(とてもいい試みなのですが、青虫さんがかなり食べつくして虫穴だらけの無残なケールだったので逆効果かも!?きちんと手入れするか玄関の内側のスペースに置くなどしたらいいのではと思いました)

と、言うわけで、総合的には楽しい工場見学でした☆彡
皆様も機会があれば是非☆彡